<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS
OTHERS
SEARCH THIS SITE.
みんなのブログポータル JUGEM
<< 第3回『Macaw meeting』申し込み開始! | main | 一足早い冬支度! >>
ペット栄養管理士養成講習会(C教程)
第30回(C教程)ペット栄養管理士養成講習会を受講して来ました。




場所は、日本獣医生命科学大学。

日程はかなりハードで、
平成27年8月29日(土)、30日(日)

○29日(土)
受付開始  10:30〜
開会挨拶  11:35〜
終了予定時間 17:00

○30日(日)
講義開始時間 9:00〜
終了予定時間 17:00

とこんな感じです。


この講習会は…
『日本ペット栄養学会』主催の講習会で、

ペットフード総論・ペット基礎栄養学・ペット臨床栄養学
を学ぶものです。

この内容がA・B・C教程に分かれていて、すべて受講すると…

ペット栄養管理士認定試験の受験資格が得られます。
(マークシート方式 出題数100問)


受講票とスライド用資料集が事前に郵送され、当日受付でペット栄養管理学テキストブックをもらいました。

栄養管理学のテキストは、A・B・C教程、すべての内容が書かれています。
なので、すごく厚くて重たいです(´⌒`;)


参加者は300人位で(会場によっては、もっと多い会もあるみたい)、学生さんから私より年上の方々まで、年齢層の幅広い感じです。
関西弁の方もいたので、遠くからおいでになってる方も多いみたいでした。

これだけの参加者の中に、鳥の人はどれ位いたのかしら?( ´△`)アァ-


講習会中は、録音・録画・カメラ撮影 は禁止!
受講番号順に座席指定されています。
会場はキツキツで、隣の席の人とかなり近い状態。
荷物を預けられるクロークもありましたが、かなり狭い中で講義を聞きました。



<講習科目>C教程

○1日目
・ペットフードに関わる諸法令とペットフードの表示:大野 和彦

・尿石症の食事療法:宮川 優一

・慢性心臓病の食事療法:竹村 直行

・癌患者の栄養学:小林 哲也

○2日目
・ビタミン:河内 浩行

・イヌとネコの食性・採食パターン・嗜好・採食量および飲水量:大島誠之助

・イヌのライフステージと栄養:坂根 弘

・三大栄養素とその役割(機能編):太田 能之

・ペットフードの種類と加工:木村 憲行

・糖尿病動物の栄養管理:左向 敏紀

と盛り沢山!

1講義50分しかないので、スライドの説明であっという間に過ぎていく感じ。
自分で復習しないと、全く足りない感じです。

講義の内容は、犬猫が中心!
と言うか…鳥さんは、ひとつも出てきませんでした(;^△^)ア、ァハハハハハハ
でも、臨床栄養学以外の基本は同じなので、聞き応え十分!
(食性や代謝の違いは考慮しなければいけませんが…)
全部の教程が終われば、かなり勉強になりそうです♪

講師陣も色んな分野の方々がいらしていて、かなり専門的な事も聞けます。
臨床栄養学も、結構本格的でした。
聞いてて、とても面白かったです (b゚v`*)

テキストを見ると、小鳥の栄養学やフェレット・モルモット・ハムスターの栄養学のページがありました。
鳥さんに関しては、10ページほどですが。。(汗)
以前はゼロだった様なので、これでも進歩ですね(^^;;


最後に学会長さんから…
今後はエキゾチックの分野も取り入れていきたい…と、嬉しい事を話しておられました。
ぜひ、鳥さんの臨床栄養学も講義に入れて欲しいなぁ♪



次回の講習会も参加しようと思っています(^○^)
資格を取るか…は未定です(笑)


にほんブログ村 鳥ブログ コンゴウインコへ
にほんブログ村




* 19:30 * comments(2) * - *
スポンサーサイト
* 19:30 * - * - *
 コメント
講習会お疲れさまでした〜。
あれ…もしかして?と思ったのですが、最寄駅は武蔵境でしょうか?
以前住んでいた場所なのでちょっと気になりました。

動物飼養管理も鳥に関する項目が少ないので、ペット栄養管理士も犬猫メインなのですね。
でも、すごく興味がある分野で、講習会参加すれば良かったなと後悔しています…(^^;)
wakaminさんは本当に勉強熱心ですね!
** 林檎 * 2015/09/07 3:05 PM *
◇林檎さんへ◇

こんにちは〜(゜∀゜)
コメント、ありがとうございます♪

はい、武蔵境です。
お近くに住んでらしたんですね。

犬猫メインというか、オンリーと言うか…(´⌒`;)
多分、この後の講義でも鳥さんは出てこないのではないか?って思ってます(;^△^)ア、ァハハハハハハ
本当に認識度合いが低い。。
飼い鳥の医学や栄養学が発展しない理由が分かります(汗)

人の栄養学的な分野は、学生の頃少し勉強したな…程度で、普段は独学で勉強していますが、ペット栄養学の分野はどんな感じなのか知りたくて受講を決めました。
栄養学は臨床医療と切り離して考えられない部分もあるので、基礎的な部分は自分の仕事の面でも勉強になります!

記憶力が付いていかなくて、困りますけどね。。ハァ…(|||´Д`)=3
** wakamin * 2015/09/07 3:19 PM *
 コメントする