<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS
OTHERS
SEARCH THIS SITE.
みんなのブログポータル JUGEM
紫外線の性質
<紫外線の性質>



◯到達率 ※気象庁調べ

大気中の散乱が大きく(紫外線総数の6割が散乱光)、雨や曇りでも地表に到達する。

  晴天100%

  薄曇り80〜90%

  曇り60%

  雨30%

曇っていても、地表に到達する。

波長が短いほど散乱しやすい。

散乱によって、建物の中では屋外の10%以下の紫外線がある。



*紫外線量(紫外線B):UVAもUVBと同様の割合が届いている。

 快晴100%

 薄曇り50〜80%

 雨雲20〜30%



◯反射率 ※気象庁調べ

  新雪80%

  砂浜10〜25%

  コンクリート・アスファルト10%

  水面10〜20%

  草地・芝・土面10%以下

上からの紫外線だけでなく下からの紫外線にも注意が必要。





◯標高 ※気象庁調べ

紫外線(UVB)は標高が1000 m上昇するごとに10 〜12 %増加する。

長野はなかり強い方!





○地域差

南ほど紫外線が多い(日本では沖縄は北海道に比べて年間紫外線量が約2倍)



◯透過率

<ガラスの透過性> 

紫外線A(UV-A)-半分ほど透過する。             

紫外線B(UV-B)-基本的に透過しないが薄いガラスは透過する。

          

*普通ガラス:UV-Aは40%程度、UV-Bは1%以下にカット。

*普通ガラスのペアガラス:UV-Aは60%カット。

*紫外線吸収ガラス:UV-Aは99%カット。

*我が家の鳥部屋のガラス(高断熱・遮熱・LowE複層ガラス):UV-A86%カット。日射熱60%カット。



*Low Eガラス:低放射のガラス(表面に放射率が低い金属をコーティングしてある)

        赤外線の熱移動に関係。(赤外線の放射率が低いため、断熱効果あり)



紫外線B(UV-B)<健康(皮膚癌・白内障など)、美容(シミなど)に対して悪影響が強い>は、基本的にガラスに吸収されるので、家の中や車中にいれば紫外線Bを浴びる心配はないと言われる。

(薄いガラスの場合は紫外線Bを透過する)





ガラス窓は、昔ながらの窓でも、UV-Bは大幅にカットする。

UV-Aはガラス越しでもほとんどが透過しますが、鳥類や爬虫類にビタミンD合成おいて必要なものはUV-B。

最低でも網戸越しの太陽光か、人工太陽のトルーライト、フルスペクトルライトが必要。





<アクリルの透過性>

UV-Bにおいての透過性

ガラス:殆ど通過しない。

アクリル:75%透過(25%カット)(日東紡調べ) ※最近は紫外線カットアクリル板も存在

ポリカーボネート:1%通過(99%カット)



*冬季の日光浴

風よけに使う素材は、アクリル板は良い(樹脂お中でも透過性は一番)

ポリカーボネイト板は紫外線を遮断するので、ビタミンD合成には不向き。

防風囲いに使う材料は、「塩ビ板やポリカーボネート波板ではだめなのか?」

アクリル板は比較的紫外線も透過するため、風をよけながら効果的な日光浴ができるのです。

 ガラスは有効紫外線のほとんどを吸収してしまいます。

高価ですがアクリル板は風を避けながら日光浴が出来る利点有。

=飼い鳥情報センター サイトより=



<紫外線の豆知識>

◯1年で最も強い月は? ※気象庁調べ

一般的に夏に紫外線量が多くなり、国内では、7〜8月に紫外線量が年間で最も多くなる。
それに比べて冬は、夏の1/4〜1/5しか届いていない。

「紫外線は5月に最も多い」「5月の紫外線は真夏とほぼ同じ」と言われることがあるが、これはオゾン層での吸収が殆どないUV-A領域の紫外線の事と考えられる。(特に6〜7月に梅雨時期となる地域に当てはまります)。



UV-B領域の紫外線は、そのほとんどがオゾン層で吸収される。

上空のオゾン量は、日本付近では春に多く、夏から秋にかけて少なくなる季節変化あり。

(ただし、南西諸島付近では冬季に最も少なくなります)。

このオゾン層の季節変化によって、UV-A領域とUV-B領域の紫外線の季節変化は異なっている。



◯1日のうちで一番紫外線が多い時間帯は? ※気象庁調べ

太陽高度が最も高くなる正午頃(11〜13時)に紫外線量が1日で最も多くなる。

* 14:49 * comments(0) * - *
紫外線の種類と特徴
<<地上に届く太陽光の種類と割合>>

                        子供の為の紫外線対策協議会より
○赤外線 42%:熱として感じる
○可視光線 52%:人間の目で感知出来る(赤、橙、黄、緑、青、藍、紫)
○紫外線 6%:目に見えないし感じない(鳥さんには見えている)
      紫外線A(UVA):5.8%<近紫外線>
      紫外線B(UVB):0.2%<中紫外線> ※気象庁では0.1%と記載
           :オゾン層の破壊により近年増加、生体への悪影響が懸念
      
       ※紫外線C(UVC):オゾン層と大気の効果で地上には届かない。
『波長による分類法:波長 380-200 nm の近紫外線、波長 200-10 nm の遠紫外線、波長 1-10 nmの極紫外線に分けられる』


<紫外線のそれぞれ特徴>

○紫外線A(UV-A)
・普段浴びている紫外線の約90%以上は紫外線Aである。
 紫外線Aは1年中、気候、雨、くもりなどに関係なく地表に降り注ぎ、紫外線の中では最も悪影響(害)が少ないと言 われている。
 有害性が弱いとはいえ、浴びた時に活性酸素を発生させる力は紫外線Bよりも強い。

・UV-Aは、細胞の機能を活性化させる。
・UV-Bによって生成されたメラニン色素を褐色化させる。
 日光を浴びてすぐに黒くなる人もいるが、それを引き起こすのがA波。
・皮膚の深部(真皮)まで浸透するので、長時間浴びた場合は、皮膚にダメージを与える。
 以前は比較的害は少ないとされてきたが、近年皮膚の老化を促進すると言われている。

UVAは肌の奥の真皮まで到達し、弾力繊維を破壊し皮膚の弾力が失われ、たるみやしわ・色素沈着の原因となる。
日光を浴びてすぐに黒くなる人もいるが、それを引き起こすのがA波。
肌の色を黒く(褐色)するメラニンを作りだし、メラニンが紫外線からお肌の細胞を守ってくれる。
波長が長いため、B波より皮膚の深部まで届く。
そのため皮膚深部の真皮といわれる部分にダメージを与え、皮膚のシミやタルミの原因になると考えられる。


○紫外線B(UV-B)
・皮膚の皮下脂肪に蓄えられたビタミンDの前駆体を、活性型のビタミンD3に変える働きをする。 
 ビタミンD3はカルシウムの吸収に欠かせない働きをする。
・免疫力を強化。
・皮膚の色素細胞(メラノサイト)を刺激してメラニン色素(皮膚を日光から守る)の生成を促す。
・多くのホルモンの生成と、その分泌に関わる。
・ほとんどは大気圏(オゾンなど)で吸収されるが、一部は地表へ到達。
・UVBは肌の表面を傷つける作用が強く、シミ・そばかす・皮膚癌の原因となる。
 (紫外線は波長が長いほど皮膚の奥深く入り込む性質あり)
・長時間の照射は皮膚や眼に有害。また、皮膚ガンの原因になる場合あり。
 日焼けで皮膚が赤くし、炎症を起こすのもB波によるもので細胞遺伝子に傷が生じる。
・雪に反射したUVBによる(いわゆる雪目)角結膜炎を起こす。
 ※老人性白内障は長期間吸収したUVA、UVaBによる物と言われている。



○紫外線C(UV-C)
・紫外線の中で最も有害性が強いと言われている(紫外線B以上に皮膚癌の原因になると言われる)
・大気圏のオゾン層に吸収されるので、地上には到達しない(オゾン層の破壊が進み標高の高い山頂などでは確認さ れている)
・強い殺菌力がある。
・殺菌灯による角結膜炎の原因となる。



<皮膚への影響>
紫外線は殆どが皮膚表面で吸収される。

SPF:sun protection factor===紫外線防御係数(サンケア係数)
肌を赤くする(サンバーン)、皮膚癌の原因となる紫外線Bをどれだけの時間防いでくれるか?の目安。
  SPF20以外 日常生活
  SPF20〜30 通常の外出
  SPF30以上 スポーツ、水泳

PA:protection grade of UVA===
肌を黒くする(サンタン)、シミ・タルミ(光老化)の原因となる紫外線Aをどれだけ防ぐか?の目安。
 PA+ 防御効果ある
 PA++ かなり防御効果ある
 PA+++ 非常に防御効果ある
 PA++++極めて高い防御効果ある



* 13:26 * comments(0) * - *
我が家の爪切り事情!


ララの爪が長くなってきたので、意を決して爪切りしました!
長くなると足の裏が赤くなってしまうので、先延ばしには出来ません(>_<)


最後に家で爪切りしたのは、11月後半。
実に半年振りです。
この間、3月、6月に動物病院で切ってもらいました。
5月に荒ぶっている時期があり、とても自分で切れる気がしなかったのですが、「噛みグセトレーニング」を開始し効果は表れているので、ララがどんな行動をするのか?も気になる所でした。

さて、どうなるのか?。。。


いつもの様に、ララを膝の上に乗せて、足を持ち上げて切りました。
1本目を切った時、右手親指の付け根をガッツリ噛まれたけど、その後は逃げようとするけど、噛むことなく何とか両足の爪を切る事が出来ました。
1本出血してクイックストップのお世話になりました(>_<)


爪切り直後のララくん。

全く太刀打ち出来ない位に噛まれるかも…と思っていたので、一度ガッツリ噛まれたけど、上出来です(゜∀゜)

切り終わった後は、ご褒美のアーモンドと、思いっきり褒めました。
爪切り後も、直ぐに機嫌が直り、夜になってもご機嫌でした。


良かった〜!


以前Blogに我が家の爪切りの仕方を書いたけど、ララくんの成長共に少し変わった所があるので、新たに記録しておきます。




=================

<<我が家の爪切りの仕方>>(2015.07.25)

用意する物は、爪切り、クイックストップ、そしてご褒美のアーモンド♪
アーモンドは、爪切りの時しか上げないスペシャルなオヤツです。

ララくんを膝に乗せ、足の指を持ち上げて、そのまま切ります。
すんなり切らせてくれる筈もなく、爪を持つ時に抵抗して噛んで来ます。


初めの頃はララには爪切りを見せずに、遊びながら不意打ちで切る作戦。
その後はスタイルを変え、爪切りとアーモンドを並べて見せて、「爪切り頑張ったら、アーモンド食べようね」と、言って聞かせる作戦に変更。

今回は…ララくんの成長と共に、「言って聞かせる作戦」では抵抗が大きくなって来たので、「遊びながら不意打ちで切る作戦+言って聞かせる作戦」の両方で切りました。



<爪切りの方法>

切り方は色々あるけど、その子に合わせて選択する事が良いと思います。
一般的なのは、
小さい子達はキチンと手で保定して。
大きい子達は、タオルを被せて見えなくして。
…と良く書いてあります。

小さい子達は、これでイケると思うけど、大きい子達は中々難しです。
ララの場合はタオルが大嫌いなので、上記の方法は先ず無理(これは昔も今も変わりません)

初めは爪切りを見せて、その後、爪を切る真似をして…と、少しずつ慣らしていくと良いらしいけど、ララの場合は、爪切りを見せただけて大変な事になったので、荒療治です(⌒-⌒; )

タオルでの保定は、巻き加減が難しいので、自分で適切に出来る自信はないです。
(鳥さんは体全体で呼吸しているので、体を締めつけると呼吸が出来なくなるから)
出来る事ならショップや病院で切ってもらいたいけど、近くに無いので仕方なく頑張っています。


<爪切りの時に注意している事>

*出血させない
爪は先まで血管が通っています。
伸び過ぎた爪を切れば当然、血も出るし痛いです。
でも、「定期的に少しずつ切る」を繰り返すウチに、だんだん先端の血管が引っ込んで出血しにくくなります。
出血してしまった時は、その位置までは血管がある…と分かるので、次から気を付ければいいですね。



一般的に言われる、丁度良い長さは、


コンパニオンバードの病気

この通りに切るのは痛そうで、中々思い切って切れません(>_<)

出血した場合は、クイックストップを使うとすぐ止まります。


*興奮させない
興奮したり暴れたりすると血圧が上がります。(鳥さんは元々血圧高めです)
その状態で出血すると、中々止まらなかったり、出血量が多くなります。
出血したからと言って、止血しようと追い回すのは良く無いです(獣医さんから聞きました)


ただ、安全出血量は体重の1%なので、それを目安にすれば気持ち的に慌てなくてすみます。
例えば、体重1000gのララは10ml、体重150gの瑠璃は1.5ml、体重90gのカミンは0.9mlです。


※追記※
参考にした本です。

( リトルバード 小嶋篤史先生著書 コンパニオンバード 病気百科 より)


*体調を見て行う
鳥さんは外傷に強いので、よほどの事(免疫不全など)が無い限り、切った所から感染を起こす事は少ないそうです(主治医に確認すみ)
とは言っても心配なので、体調不良の時は爪切りしないし、爪切りの後は水浴びは避けています。


*爪切り後は放置しない
切った時に出血しなかったり、クイックストップで止血が出来ても、後から出血する事があります(経験済み)

一度…
終わってアーモンドを食べてるララの足が血まみれになった事あり( ̄□ ̄;)!!
慌ててクイックストップ決行!
こんな事もあるので、30分位はスタンドに止めて、様子を見ます。
血がポタポタ垂れても見え易い色や素材の物を敷いておくと分かりやすいです。
その後、2時間位は注意して様子を見ています。

※追記※
4時間以上経って再出血あり。
クイックストップの劣化、日向ぼっこによる末梢血管の血流促進、激しい運動による心拍、血圧上昇が原因と思われる。
(2014.11.24)


特に注意が必要なのはクイックストップを使った場合、爪が水に浸ると薬が溶けてまた出血する事があるそうなので、暫く水を抜いておくと良いと…ある獣医さんが仰っていました。
そして、「爪を切る場合は病院がやっている時間帯に切って下さい」と言っていましたよ(笑)
夜間…血が止まらない!と連絡する方が多いそうで(⌒-⌒; )


*終了後はメッチャ褒める!
頑張って爪が切れたら、オーバーに褒める事が大事です。
ララの場合は、片足切ったら…アーモンド。
もう片足切ったら、アーモンド。
そして褒めちぎる!!(笑)

そして、最後は「爪切り無い無いするよー」と言って、爪切りを見せ片付ける所も確認させます。
こうすると、「もう終わった」と判断して警戒心がなくなります。
爪切りが出ていると、どんなに終わったと言っても信用しないんです(^^;;


=================


我が家の爪切りは、こんな感じにしてます。

保定して爪切りが出来るようにもしたいなぁ〜と思案中!
1人で保定して切りたいなぁ〜って。

皆様の御宅では、どうされてますか〜?


にほんブログ村 鳥ブログ コンゴウインコへ
にほんブログ村



* 23:25 * comments(2) * - *
ララくん、大人への階段!
年末に「12月17日からララくんの様子が変だ」…と書きました。
http://bird-kazakiri.jugem.jp/?eid=700



あれから約1ヶ月。
ララくん、ほぼ元通りになりました!
ε=( ̄。 ̄;)フゥ


年末まで頑なにケージから出て来なかったけど、お正月頃から少しずつ変化が出始め、時間をかければ腕に乗って出て来るように。
最近になって、ようやく…本当にようやくです。。。
ケージから出る時、いつもの通り「戻って」の掛け声で止まり木に戻り、ちゃんと腕に乗って出て来るようになりました(*^^*)


お正月休みでじっくりとララと向き合う時間が取れた事が良かったのかな?
なぜララがあんな態度をとったのか?
なぜ元に戻る事が出来たのか?
今だに謎です。

でも…とにかく本当に良かったです!!
あのまま、ララとの距離が縮まらなかったらどうしようかと。。真剣に悩みましたから。



今回のララの態度の変化について…、
色々考えてみました。


ララは以前まで私には「吐き戻し」は殆どしませんでした。
でも年末頃は本当に口からは出て来ないけど、真似た行動を私に対して多くする様になった気がします。
それから、常に私と一緒にいようとする行動が目立った感じです。
ララは私オンリーではなく、旦那さんの所でも楽しく遊ぶし、お利口さんに言う事も聞く子です。
でも、最近のララを見ていると、パートナーは私で、遊んでくれるのは旦那さん…と考えているのかもしれません。

ララくん、3月が来ると4歳になります。
鳥さんの成長区分では、性成熟前期。
人間で言えば、思春期に当たるそうです。
第二反抗期ですね。。

となれば、今まで子供だと思っていたララくんが大人への変化の時期になったのでしょう。






鳥さんの反抗期や性成熟期について、チョット調べてみました。
(長いです(;^△^)ア、ァハハハハハハ)


=================

<鳥さんの心の発達と体の成長>
(※大型さんについての内容です)

鳥さんは孵化してから暫くは親鳥から差し餌をもらいます。

手乗りにするには、有る程度したら巣上げをして、今度は人の手で差し餌を開始します。
ここから、一人餌に切り替わるまでを「差し餌ヒナ期」と言うそうです。

そして、一人餌になりヒナ換羽までを「幼鳥期」(生後3〜8ヶ月)と言って、この時期が鳥さんにとって最も重要な期間となるそうです。

自然界では生後4ヶ月位から親鳥に飛び方ご飯の食べ方など一生生きていく為の術を学び、5ヶ月目には独立していくそうです。
なので飼い鳥でも、この時期の愛情や躾は大事だそうです。

自立しヒナ換羽が終わる頃には、徐々に自我が芽生える時期になります。
それが、「第一反抗期」で、飼い主に対してイヤという行動をとったり、自己主張をしてきます。
人間で言えば、幼稚園〜小学校入学辺りでしょうか?

反抗期は全くない子もいれば、とてもはっきり現れる子もいます。
その時期も同じで、その子の成長に合わせた変化です。
反抗期と言えば聞こえは悪いけど、心の成長過程(自我の芽生え)であって、それを<反抗>と取るのは、飼い主の立場から見た勝手な考えなんでしょうね(^^;;


第一反抗期が終わり、ヒナ換羽から性成熟期までを「若鳥期」(生後8ヶ月〜1歳半)言い、この時期は人と暮らして行くためのルール作りをするのに良い時期です。


そして次にやって来るのは、性成熟期です。
一般的な大型さんの場合は3〜4歳位から、大型コンゴウの場合は少し遅めで5歳位からだそうです。
でもこれも個体差でもっと早く性成熟期を迎える子もいます。

性成熟前期(性成熟期開始から性成熟完成期)を「成長期」(1歳半〜4歳)
性成熟完成期を「完成鳥期」(4歳〜10歳)
と言うそうです。

性成熟前期は、体の成長が始まり、心の成長とのバランスが上手く取れない時期で、人間で言えば思春期、第二反抗期です。
鳥さんと暮らしていく上で、最も難しく悩む時期です。
「大型インコの魔の2歳児」と言われるのはこの時期で、<反抗期>としてはこの時期の方が変化は顕著です。
パートナーを決め結び付きを強く持とうとしたり、でもスキンシップを嫌がったり、攻撃的になったり…と、色々な行動が見られます。
でもこれは、子供から大人への成長の証なので、抑制する事は中々難しい様です。
「時間が解決する」と書いてありました( ´△`)アァ-

そして性成熟完成期。
鳥さんとして、肉体的、精神的に最も充実した時期にあたり、1番油の乗った時期らしいです(笑)
パートナーに対してオンリーワンになり易く、オスはメスを守ろうとパートナー以外を攻撃したり、メスを従わせようと攻撃的なったり、縄張り意識が強くなったり、1人で交尾行動を取ったりと、愛情ゆえの問題行動がある時期でもあります。


性成熟前期から性成熟完成期を乗り切る!!
大型飼いの課題です(v_v`)はぁ・・・。
と言っても、長い期間です。。


10歳を過ぎると安定鳥期となり、落ち着いた時期になります。
10〜15歳で大型コンゴウさんも落ち着いて来るそうですよ!
15歳以降で高齢鳥期になるそうです。

安定鳥期以降は、問題行動は少なくなるものの、健康面に注意を向けなくてはいけない時期になります。
毛引きが起こりやすい時期でもあるそうです。

大型さんの鳥生は、本当に長いです。
一生をかけて大切にすると誓ってお迎えした家族。
どんな時でも良い関係を気づいていきたいものですね。




*今回参考にさせて頂いたのは…
鳥さんの有名な沢山の本を書いている磯崎哲也氏の著書。
それから、以前鳥さんの反抗期や性成熟期について、相談させて頂いた方からお聞きしたお話です。
この方は、大型コンゴウを初めとする沢山の鳥さんを繁殖し、実際に成長過程を見てきた経験豊富な方です。
本での知識も重要だけど、実際の成長過程を元にしたお話は説得力がありました。

成長区分における対象年齢は、磯崎哲也氏の著書を参考にしましたが、あくまでも目安であって個体差によりこの範囲でない場合も多くあると考えます。




* 08:52 * comments(14) * - *
熱中症を防ぐ!
この夏は異常?って思うくらい暑いですね〜。
一体どうなっちゃってるの??

高知県 四万十町で最高気温40度超え…って日ありましたよね。
その日は、かつて避暑地と言われていた我が地域も、今まで見た事がない最高気温をマーク!
発表では最高35度だったけど、実際には我が家の庭にある温度計は40度をさしてました(/x_x)/
うっすら日が当たっていた場所とは言え、こんなの見た事ありません!

気象庁観測の最高気温と実生活で感じる最高気温は明らかに違いますよね(^^;;

気象庁では…
========
気温の観測は、風通しや日当たりの良い場所で、電気式温度計を用いて、芝生の上1.5mの位置で観測しています。
電気式温度計は、直射日光に当たらないように、通風筒の中に格納しています。
通風筒上部に電動のファンがあり、筒の下から常に外気を取り入れて、気温を計測しています。
=======

と、あります。
昔は百葉箱という装置に温度計を入れて測定していたそうです。

天気予報の最高気温は実際には参考にならないって…思うのは私だけかなぁ?。。
( ̄へ ̄|||) ウーム

まっ、これは置いておいて…。。



これだけ外気温が上がれば仕方ないけど、この日バードルームの温度計は…
なっなんと!

鳥部屋が出来てから最高気温です!!ヾ(;;゚□゚;;)ノ

今までのMaxは32度。(あっ!エアコンなし窓締切+サーキュレーターです)
我が家のインコずは、この温度なら大丈夫な事は確認済みなんですが…
流石に34度を超えると暑いみたいです。
32度でも「えーっ?」て思われる方もいるかと思いますが、多分湿度が低いからなのかな?って思っています。

鳥さんの熱中症は、何度になったらNGと言う数字はなくて、その子によって違いますよね。
場合によっては、30度以下でも熱中症になる子もいるらしいです。


この日(Max34.6度)は、日中たまたま私がいたので皆の様子を見れたので大事にはなりませんでしたが、危うく熱中症にさせる所でした(/x_x)/


皆の様子は…

32度位までは皆いつもと変わりなかったけど、その温度を境に、縮羽が始まり、脇を開け始めました。
「暑い!サイン」が始まったので、サーキュレーターの風向きを調整して様子を見ていたけど、温度の上昇に合わせて、ヨーティに開口が発生!
暑いサインは、ヨーティ、まる、カミン、ララの順番で見られました。
瑠璃は何故が1番元気で、ヘッチャラの様です(((0 0;)))

我が家にはクーラーはないですが、締め切りでもリビングは31度までしか上がりません。
なので、ちびーずのケージをリビングへ避難。
ララはリビングのスタンドへ!
温度が下がると、ヨーティの呼吸は元に戻り、皆の脇も羽も戻通りに!
体は正直ですね(^^;;


最悪の事態は免れたけど、これでは安心して仕事に行けません(汗)


で…旦那さんと相談して対策をしました〜 (b゚v`*)


1番大きなサッシにシェード。

そして…

旦那さん作業中!

パーゴラにシェードをかけました!

我が家のバードルームは増築で建てたので、屋根を入れた4面が日差しを受けちゃいます。
更に周りに遮る物は何もないので、日は当たり放題!( ´△`)アァ-
建築にあたっては、断熱も内断熱&外断熱のダブルにしたし、サッシも遮熱断熱硝子の物を入れました。
でもこれだけ外気温が上がるとダメですね。
普通の仕様で建てていたら何処まで温度は上がったのかな?…考えただけでも怖いです(・・;)


そして…対策後。。
ハードルーム内の温度はMax32度で抑えられています。
どうやら、効果があったようです(^O^)
全ての窓にシェードを付けたらもっと効果が期待出来るだろうけど、
窓から入ってくる日差しの影響にプラスして、直射日光を受けて壁の温度が上昇する事でバードルーム全体の温度を上げているって事が分かりました。
窓からの日差し、壁の温度上昇…どちらも対策出来れば、もっと温度を下げる事が出来そうです☆〜(ゝ。∂)

取り敢えず…早く涼しくなって〜(^◇^;)





==========熱射病(熱中症)===========

高体温により高体徴候(開口、縮羽、パンティング呼吸、開翼、開脚、伸首姿勢など)が見られ、気嚢からの水分蒸発が進み脱水症状が見られます。
さらに体温の上昇が進むと、虚脱、脳障害から痙攣が生じ死亡します。


================================

熱中症?と思われる時、環境温度を下げる事は必要です。
体温調節機能の破綻進み、状態によって低体温になる場合があるそうです。(TSUBASAセミナーにて)
そうなると今までとは逆に羽は膨羽となり、かなり状況は深刻です。
部屋の温度を下げる位では回復は難しくなります。

熱中症はなるべく初期の段階で見つけ、適切な処置をする事が大事です。
回復傾向にあっても、鳥さんの状態を良く観察して、少しでも変だと思ったら病院に行く事が必要ですね。
改めて、考えさせられました〜。
皆様もお気を付け下さいね!







* 09:24 * comments(12) * - *
「愛鳥家病」ってご存知ですか?
昨日、主治医DrHとララのクシャミの事に付いて話をしている時に、興味深い事を聞きました。

皆さん「愛鳥家病」ってご存知ですか?
お恥ずかしながら、私は初めて聞きました(^^;;

そんなふざけた名前の病気なんて、造語で正式な病気ではないだろうと思いました。
所が…主治医が「家庭の医学」に載っているキチンとした病気だと言うんです〜( ̄へ ̄|||) ウーム

家に帰って、早速調べた所…ありました〜!!
人畜共通感染症のオウム病の事かな?って思ったら、全く別の病気で、呼吸器の病気の所にキチンと分類されていました(;^△^)ア、ァハハハハハハ



**「愛鳥家病(鳥飼病)」とは**

『過敏性肺炎』別名、「外因性アレルギー性肺炎」の一種。

インコやハト、鶏など鳥の飼育により、排泄物が乾燥して粉末状になった物や羽毛などを長期的に吸い込む事で発症します。
感染症ではなくアレルギーの一種です。


過敏性肺炎には…
●夏型過敏性肺炎(75%):日本人に多く、特に女性に発生する、夏の高温多湿の時期に木造建築や畳などに繁殖するカビ(トリコスポロン)を吸い込んでおこる

●農夫肺症(8%):周囲に繁殖するカビ(例えば牛の飼料にする干し草に生えるカビ)を長期的に吸い込む可能性が多い農夫に多くみられる

●空調?加湿器病(4%):冷暖房や加湿器の水分に繁殖したカビなどを吸い込んでおこる

●鳥飼病?愛鳥家病(4%): インコやハト、鶏などの排泄物が乾燥して粉末状になった物を吸い込んで発症する。


の種類があり
症状には、急性型と慢性型があります。

悪寒、発熱、咳、呼吸困難、疲労感、体重減少など、共通して現れる症状と、重症化した場合は、血痰、チアノーゼ、胸痛などがあります。

********


と、こんな病気で初期症状は風邪と間違われそうな感じです。
一度なってしまうと、原因を無くさない限り改善されず、症状が一旦治まっても、また原因となる物質に接触すれば再発します。
最悪、呼吸不全になる事もある様なので怖い病気です。




普段、「鳥さんの生活環境を良くしよう」と、小まめに掃除をしたり、適切な換気と空気清浄機により空間状態の維持を考えています。
多分、これは皆さんもそうだと思います。


でも、主治医曰く…
人の生活環境の中で鳥さんと暮らしている(リビングにケージがある)場合、鳥さんの体を心配するのはもちろんだけど、飼い主の体の事も考えるべきだ…との事。
特に脂粉が沢山出る系の鳥さんと暮らしている方は、要注意だそうです。

人への影響を減らすには、鳥さん専用の部屋を用意するのが理想だけど、我が家のバードルームの様に狭い空間だと、ホコリなどが充満しやすいので、かえって鳥さんの呼吸器に良くない…。
何十畳もあるバードルームが用意できれば、飼い主にも鳥さんにもGoodだけど、現実的には無理だし。。


やっぱり行き着く所は、小まめな掃除、しっかりした換気、空気清浄機を数台置くなど空間状態を良くする工夫が必要です。

鳥さんと末長く暮らしていきたい…それには、飼い主も鳥さんも健康で過ごせるよう、環境を整える必要がありますね。






* 21:08 * comments(10) * - *
綺麗になーれ その2♪
前回の記事で
「羽の発育時期にキチンとした栄養管理をする事で、体の内側から質の良い羽を作る」って事を書きました。
本人達は余り気にしてないんだと思うけど、飼い主的には綺麗になってもらいたいんですよね(^^;;

換羽の時期を予測するのは中々上手くいかないので、正直…毎回試行錯誤しています(;^△^)ア、ァハハハハハハ
しかも換羽って365日ある訳ではないしね。。


羽を綺麗に保つ為に日常的に効果がありそうな事って…やっぱり水浴びと日光浴でしょうか〜?

我が家では日光浴は平日は難しいので、週1回お休みの時位になってしまいます(^^;;
しかも秋〜冬にかけては、寒くて外に出せないし。。

昨年までは、余りにも回数が少なかったので反省した飼い主(´⌒`;!)
この春からは、出来る限り太陽の光を浴びてもらう様に心がけています。
飼い主も光を浴びちゃって、日に焼けそうですが…( ̄▽ ̄*) ・・・ァハハ
やっぱり、日光浴を頻繁に行っている鳥さんの羽は綺麗な気がします♪


後は…水浴びも効果ありですね!
羽の汚れや埃が落ちてスッキリするので、鳥さん達も気持ち良さそうです♪


ならば鳥さん達もお風呂に入れちゃおう(笑)って事で、こんな物を使っています。

BIRD RAIN
天然素材の鳥用水浴剤です。

これは主治医に勧められて使い始めました。
元々はヨーティに…と言う事で紹介されたのですが、今ではコンゴウずの方が多く使ってます(´▽`*)アハハ

自然のお風呂として、毎日使用してもOK!(ウチは毎日は使ってませんが…)

効果としては…
・皮膚と羽を清潔に保ち、脂粉やほこりを取り除ぞく
・自然な羽の艶を引き出す
・皮膚や羽を健康に保ち潤いを与える

アロエベラが主成分で、抗酸化物質(ビタミンC、ビタミンAの前駆体)が含まれ、抗炎症、抗菌、抗ウィルス効果がある成分なんだそうです。


主治医曰く…
Bird Rainは「尾脂腺と同じ効果があって乾燥にいいよ」って事です。


***<尾脂腺について>***
尾脂は脂肪分に富んだ皮脂を分泌します。
鳥さん達は尾脂腺から出る油分を、羽づくろいの時に羽全体に塗りつけて羽を整えます。
油の膜が出来る事により、羽毛の防水性、保湿性、耐久性が高くなります。
この皮脂は微生物の繁殖も防いでくれているそうです。

(水浴びにお湯を使ってはいけない理由は油が流れてしまうからです)
******

我が家では、尾脂腺から質の良い油が出るように、サプリメントも使っています。
体の外側からの強化ですね!


こんな、有難い物なのに何故かウチの鳥さん達は、Bird Rainのスプレーが嫌いな様で…(^^;;
入れ物が嫌みたいです(苦笑)
仕方ないので半強制的なスプレーしちゃいます( ̄▽ ̄*) ・・・ァハハ
普段は水浴びで、羽の乾燥や埃目立つ時にこれをシュシュっします!


実際に使って見て…
効果は素晴らしいです!
ちびーずは羽一枚一枚が小さいので分かりにくいけど、コンゴウず…特にララの羽への効果は明らかです♪
ピカピカつるつるになりますよー(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ

ぜひ、お試しください〜♪



* 16:00 * comments(4) * - *
綺麗になーれ!
少し更新が空いてしまいましたー( ´△`)アァ-
ハードな仕事が続くと、もろ体調に影響が…(汗)
だんだん年と共に無理が効かなくなってる気がします〜( ̄へ ̄|||) ウーム
wakaminと年が近い方〜、お気を付け下さいね〜(笑)


さてさて…
我が家のインコず、3月くらいから換羽で羽が抜け始めました。
先ずはちびーずから、ごっそり!
そして1ヶ月半位遅れて、今度はコンゴウず。
この時期の差は、オーストラリアとアマゾンの違いなのかしら〜(´▽`*)アハハ
皆さんのお宅の鳥さん達は如何ですか〜?


我が家では羽に問題を抱える子が多いです〜( ´△`)アァ-
1回の換羽で全て入れ替わる訳ではない様なので、換羽のたびに羽が綺麗になる事を期待しています。


カミンとヨーティ



「yellow feather syndrome(YFS)羽毛の黄色化」と思われる羽の変色があります(´⌒`;)
肝機能の回復があれば色は元に戻るとの事。
カミンは胸の辺り、ヨーティはお尻辺りの黄色味が少なくなっているので、主治医にも「良い兆候」と言われています。



問題はコンゴウず(´・ω・`)

瑠璃くん

以前ズタボロに千切った羽の所が黒く変色しています。


*以前の記事です。
http://bird-kazakiri.jugem.jp/?eid=463

たいぶ生え変わったけど、まだ少し残っていてあと一息!



ララくん



両肩羽の辺縁が黒く変色しています。
これはお迎えの時からずっとあります。
ララくんは、お迎え当初…ストレスラインも多くあり、羽の状態はあまり良くありませんでした。

主治医曰く…
「小さい頃の栄養状態不良で羽の構造が弱く摩擦に弱い為、羽先が煤けたように黒くなっている」との事でした。
ショップにいる時に毛引き?になり羽を弄った事も影響していると思います。

成長と共に全体の羽の状態は大分良くなってきましたが、両肩羽の辺縁の黒い部分は、3歳を迎える年になっても残ったまま。

心配になり主治医に聞いてみると…
羽が黒に変化する場合、肝機能障害や栄養不良、ビタミンAの不足&過剰などが考えられるそうです。
ララの場合、以前血液検査をした時に異常はなく、肝障害や感染症の心配はないし、ビタミンAが不足しているとは考えにくい。
また、変化がある部分が一部であり全体の変化ではない。
よって、外的刺激によって羽の表面の構造が剥がれた為だろうとの事で、心配ないだろうとの事。


***<換羽について>****
羽の主成分はタンパク質で出来ており、羽の発育時期は通常より代謝も増えます。
この為、タンパク質の必要量は20%に上がります。
この時期にキチンと強化されないと、質の良い羽が出来ない事になります。
換羽に入る3週間前からタンパク質の強化が出来ると理想的。
羽が生え始めてからでは遅いそうです。
(換羽の始まる時期を見極めるのは難しいですけどね…( ̄▽ ̄*) ・・・ァハハ)

換羽の時期は色々なストレスが増え、免疫力も低下しがち。
羽の発育時期に肝機能障害、栄養不良、感染などのストレスがあると、その時期に作られた羽の質が低下します。
******

これらの理由から、換羽の時期はデリケートと言われるんですね〜o(´^`)o



コンゴウずの羽の変化は、外的刺激により羽の構造が剥がれた為と言われているけど、羽の発育時期にキチンとした健康管理と栄養管理が出来れば、質の良い羽が作られ、多少の外的刺激にも強くなるのかな〜(o_0)


今回の換羽で良い兆候が♪

綺麗な羽が生えて来てます(^ー^)ノ


「コンゴウずの羽よ、綺麗になーれ!」うふふっ(*゚v゚*)









* 20:08 * comments(12) * - *
空間除菌、始めてみた♪
前回の記事に、除菌剤の事を書きました。
その紹介したハセッパーを使って、バードルームの空間除菌を始めてみました(*^^*)

こんな感じ♪

ハセッパーを10倍希釈にして、(500mlのペットボトルの場合は水道水とハセッパー50ccを入れる)次亜塩素酸対応の加湿器を使って噴霧します。

写真の加湿器は3畳〜4畳半用(締め切った状態)
ウチのバードルームだと少し容量足りないかな。


*ハセッパーの詳しい事は前回の記事を見て下さい。

<ハセッパーを使った空間除菌の際に気を付けないといけない事>
を書き留めておきます。

・有機物に触れると水に戻る性質の為、可能な限り有機物を取り除いて使用する。

・鳥さんがいる状態での使用は可能であるが、 鳥さんいる部分のケージ消毒効果はなくなるので、ケージから出して使用する方が効果的。

・効果は噴射期間中のみ

・部屋いっぱいにハセッパーが行き渡り対流すれば、1時間は止めても良い。(例:15分噴射して1時間止めるを繰り返す)

*メーカーさんに確認した物です。


今の所、連続運転はするつもりはないので、鳥さん達のいない状態で定期的に1時間位噴射しています。
鳥さんがいる状態だと、何と無く怖い気もするし。。


今後、本格的な導入するか…検討中です!
ただ、細菌やウィルスは目に見えないから、効果を確認するのは難しいですね。。
環境検査をする程ではないし(^^;;


***追記***

<殺菌・消毒・滅菌・除菌・抗菌 の違いについて>


自分の記録の為に、整理しました。

【殺菌】
病原性や有害性を有する細菌、ウイルスを死滅させることですが、全ての微生物を殺す訳ではない。

【消毒】
病原性微生物や有害な細菌を死滅させること。
滅菌のように無菌状態にすることは出来ない。
一般に「消毒殺菌」などと使われるように、消毒の手段として殺菌が行なわれる事もある。

【滅菌】
微生物やウイルスを含むすべての菌を、完全に死滅させて無菌状態にすること。 
医療器具に対して用いられます。

【除菌】
細菌を除去して菌数を減らすということ。
少しでも菌数が少なくなればが「除菌した」ことになるが、完全に菌を除去出来る訳ではない。

【抗菌】
菌を殺したり減少させるのではなく、「菌の増殖を抑制、あるいは阻害する」という意味。


「消毒」「殺菌」「滅菌」は、薬事法の対象になる用語。
これらはすべて病原性または有害性のある微生物を死滅させるとの意味を持つ。

「消毒」と「殺菌」は、薬事法により「医薬品」「医薬部外品」にしか表記が認められていないため、台所用及び衣料用の塩素系漂白剤などには「除菌」の表記しか使えない。
なので、殺菌剤と同等の強力な効果がある次亜塩素酸ナトリウムが成分でも、「除菌」となっている。


http://jsda.org/w/03_shiki/a_sekken30.html

******








* 21:35 * comments(6) * - *
除菌をしよう!
皆さんは消毒は何をお使いですか?

1番簡単な熱湯、煮沸消毒。
化学薬品を使わないので、安全で経済的。
でも、つけおきの場合は80度以上10分が必要だし、煮沸は90度以上で5分以上煮沸が必要です。
煮沸は鍋?(笑)に入らない大きな物の消毒は不可能。
食器やオモチャなど小物の消毒には使えるけど、それ以外はね。。(^^;;

そんな訳で…
我が家では、ケージや床などの消毒にはララのお迎えの時、ショップさんで勧められたので、「ミルトン」を使っていました。(週一回程度)

でも、赤ちゃんの哺乳瓶で使う物なので、低濃度なんだろうな…とチョット疑問!

調べてみると、決まり通り希釈すると…塩素濃度は0.0125%(125ppm)です。
(*ppmとは次亜塩素酸ナトリウムに用いられる濃度の単位)
ミルトン原液は約1%(10000ppm)なので80倍希釈という事になります。
食器や器具などの消毒は0.02%(200ppm)で使うので、やっぱり薄めですね(^_^;)
効果をあげる為に200ppmまであげると、塩素の匂いが気になり鳥さんへの影響が怖いです。

以前、塩素の影響で瑠璃が体調を崩した事があるので、すごい恐怖感があります。
あの時はマジ焦りました(>_<)


低濃度の方が安心だけど、効果が期待出来ないと意味がない!!
鳥さんに優しい除菌剤が欲しい。。

と言う訳で、新たに消毒液を探そうと色々模索していた所、昨年ある情報をゲット!

それが…これです。


SUZAKU(スザク)とハセッパー。

ご存知の方もいると思いますが、これはとり村通販で取り扱っています。
初めて見つけた時は感動しました。

ケージや鳥さんの周辺掃除に使う物で、次亜塩素酸を主成分に作られていて、有機物に触れると水になる為、人体や鳥さんに無害なんだそうです。(口腔の雑菌に触れると水になる…との事)

効果が期待できて、しかも鳥さんに無害…。

そんな優れ物なら、使わない訳にはいきません(笑)



色々調べてみると…


◇ハセッパーとは?
次亜塩素酸ナトリウム(NaCIO)が水(H2O)と反応して出来る次亜塩素酸(HOCI)を大量に含んだ水。
この次亜塩素酸は人体の殺菌成分(白血球が生成する)と同じ物で、これを大量に含むと殺菌力がUPする…
との事。

次亜塩素酸ナトリウムは、一般的に良く使われるハイターなどの主成分でもあるので珍しい物ではないですが、次亜塩素酸ナトリウムのpHを調整する事で次亜塩素酸を大量に生成させて使うと言うのが特徴だそうです。

次亜塩素酸ナトリウムは、人体に使う場合200ppmに薄めて使用する様に…と、厚生労働省から出ています。
200ppmに薄めるとアルカリ性になり、この状態だと次亜塩素酸が10%程度しかないそうですが、これをpH7.0以下の弱酸性すると、存在比は70〜100%へ高まり殺菌力がUP。
そうやって作ったハセッパー水は次亜塩素酸ナトリウムの8倍の殺菌力があるそうです。
(次亜塩素酸 50〜100ppmで…)


効果は、一般細菌から芽胞菌、MRSA、結核菌、真菌と様々。

ノロウイルス、インフルエンザ、アスペルギルス、PBFD、その他、鳥類のカビ・ウイルス等とスペクトルが広いので効果が期待出来そうです。



【使用方法】
*ケージやグッズにスプレーして使う場合
使用済みの500mlペットボトルに水道水とハセッパーを100cc入れ(5倍希釈)で使います。

*空間除菌の場合
500mlのペットボトルの場合は、水道水とハセッパー50ccを入れ(10倍希釈)て、次亜塩素酸対応の加湿器を使って噴霧します。

【消費期限】
原液:冷蔵保存で1年間
水に希釈した状態:ゆっくりと効果が低下するので1ヶ月で使い切る


◇SUZAKU(スザク)とは?
スザクを水道水に混ぜると、pH7.0以下の弱酸性の次亜塩素酸水が出来上がります。
この次亜塩素酸水は、次亜塩素酸を70%以上含み、強力な除菌力を持ちます。
細菌やその他の有機物に触れると水に戻る性質がある為、安全に使用可能。

【使用方法】
*ケージやグッズにスプレーして使う場合
使用済みの500mlペットボトルに水道水とスザク1包を入れ(50ppm)で使います。

*空間除菌の場合
水道水2.5lとスザク1包を入れ(10ppm)、次亜塩素酸対応の加湿器を使って噴霧します。

【消費期限】
粉末のまま:3年間
水に希釈した状態:常温で1ヶ月、冷蔵で3ヶ月

<使用例>
空間噴霧の場合は、濃度10ppm程度
日常の除菌・消臭には、濃度50ppm程度
嘔吐物・排泄物には、濃度250ppm程度




スザクとハセッパーは基本的に原理、効果も殆ど同じだし、安全と言うの同じ。
違うのは、消費期限と、液体と粉末の違いかな。
あっ!あと、スザクはスプレーして30秒、ハセッパーは1分で効果が出る…
とこの位かな。。

私は、スザクは週一回のケージや床、グッズなどの除菌に、ハセッパーは空間除菌(始めたばかり)に使っています。

どちらも安心して使えるので、重宝しています♪


詳しい事はこちら!

****ハセッパーのHP****
http://www.tec-m.com/whats.html

****SUZAKU(スザク)のHP****
http://www.sdplanet.co.jp/suzaku.html


****とり村のHP****
http://torimura.com/SHOP/clean-0003.html





* 20:05 * comments(8) * - *
| 1/2PAGES | >>